風呂場でオマンコを舐めてもらうことから始める熟女の禁断のセックス

五十路


オマンコが疼いてどうしようもできない普通の主婦。子供達にもそんなことはまったく言えません。いつも悶々としていて機会があればすぐにでもセックスがしたい母親。
熟したむっちりした裸体がメチャクチャエロいのに誰も相手をしてくれないなんて。そんな欲求不満の母親も息子と一緒に風呂に入り肉棒を綺麗に洗ってあげながらフェラをして気持ち良くしてあげる。そんな事をしていたら息子も興奮してしまし、母親の熟した美味しいオマンコをペロペロ舐めて美味しいジュースをいっぱい舐め始めてしまう。もう後戻りできない禁断の近親相姦の世界へ入ってしまった親子でした。