ムチムチな卑猥すぎる体を持て余すド淫乱な母親

五十路


むっちりした体が卑猥すぎる母親は毎日こっそりオナニーで性欲を発散する日々。そんなセックスのことしか考えることができない母親は愛する息子と一線を超えてしまう。デカイ尻を振りながら息子の大きくなったペニスを何年も満足できなかったオマンコの奥まで迎え入れてしまう。一度味わった快感は翌日も忘れることができるはずもなく。