嫌がる母親にギンギンになった肉棒を無理矢理ぶち込む狂気な親子

五十路


母親は嫌がりながらも息子の肉棒を舐め回して少しずつオマンコも潤い出してしまいました。でもやっぱりそこは親子ということで、本番だけは嫌だったのですが・・・・嫌がる母親の手を振りほどきギンギンに勃起した爆発寸前の肉棒を母親のゆるゆるなオマンコに挿入。入れるとそこにはありえないくらいの快感が待っていたのでした。