店の閉店後にオマンコをジュルジュルと吸い尽くされる美人女将

五十路


女将さんは一日の仕事の疲れはセックスで発散。そうです、毎日客相手にストレスも溜まっていることでしょう。そんな時は閉店後にジュルジュルとスケベな音を立てられながらオマンコを執拗に吸われるのです。一度気持ちよすぎるセックスを覚えてしまった体は肉棒から目をはさすことはできません。どんな料理よりも最高のご馳走が肉棒なのですよっ!