嫌がりながら息子に手マンされるとビチャビチャと音が立つほど濡らしちゃう巨乳母

五十路


確かにこの巨乳はそそるものがありますね。黒い乳輪と乳首がツンと勃って今にも入れて欲しそうなスケベな体は相手が息子でもビチョビチョになるほど濡れてしまいます。敏感なオマンコは長年誰も触ってくれなかったのに今では息子が毎日のように触って舐めて入れているのです。嫌がるのは最初だけで快感を覚えてしまった母親は息子のチンポが生きがいになってしまい、毎日のように悶々とした気分になるとすぐに濡れてしまう肉厚のオマンコに息子のチンポを生挿入して熱いザーメンを子宮で感じる毎日になったのでした。

この動画もオススメ↓

息子の孝広が何歳になっても甘やかしてしまう五十路母の玲香。そんなある日孝広が玲香のパンティーの匂いを嗅ぎながらオナニーをしているのを目撃してしまう。母にオナニーを見られてしまい動揺する孝広に気にしない素振りをする玲香。そんな母親に向かって孝広は自分を男にして欲しい・・・と懇願すると戸惑いながらも玲香は口で応えたのでした。しかし一度咥え込んでしまうと女の本能が燃え上がってしまい、童貞の息子にセックスを教えようとその勃起した肉棒を久しぶりに濡れてしまったオマンコに手ほどきをしながら導き入れたのでした。

error:Content is protected !!