昼間から大胆にリビングでオナニーをしていたら息子に目撃されてしまう五十路母

五十路


五十路にもなれば閉経もして性欲だけが高まってしまいます。でも相手がいないのでオナニーで熱くなったオマンコを慰めるしかないのが現実。毎日リビングのソファーでオマンコを広げてクリトリスを弄ることでなんとか欲求不満を解消しているのです。そんなあるひいつものようにオナニーをしていると息子が予想外の帰宅。豊満で肉感たっぷりの母の卑猥な肉体を初めて目撃した息子は淫らな母の姿に欲情してしまいオナニーをしている母に覆いかぶさるのでした。

この動画もオススメ↓

清楚でいつも笑顔の素敵な五十路のお母さん。毎日家事をこなし主婦として母としてとても幸せな日々を過ごしていやある日、息子の部屋で使用済みのオナホールを発見。オナホールから漂う精液の匂いに眠っていた女の性が目覚めてしまう。今まで抑えていた性欲を爆発させたかのように自慰に狂う母。自慰に狂う母の姿を目撃してしまった息子は欲情してしまい五十路母のムチムチした肉感たっぷりの体に抱きつき完熟しきった糸を引くような濃厚な愛液を垂らすオマンコを必死に貪るのでした。