娘と婿のセックスの声を聞きながらオナニーをしていた母はついに婿にオマンコを舐めてもらい巨乳と巨尻を授けたのでした

五十路


ムチムチの巨乳と巨尻の色気満点の迫力ボディーは誰が見ても股間が疼いてしまうもの。そんな五十路の母は娘と娘婿とのセックスの声を聞きながら夜な夜なオナニーをする毎日。そんな欲求不満な体もそろそろ限界にきていた時に、転んで婿に覆いかぶさってしまう。今まで母のボリューミーな体に興味を持っていた婿は欲情してしまい母の下半身の下着を剥ぎ取り黒々と生える隠毛を掻き分けながらオマンコに指を入れ大きな尻を押し付けてくる母でした。

この動画もオススメ↓

娘婿を男として意識してしまういけない五十路の義母。いつの日かあの若い体に抱かれ元気な肉棒を咥えてオマンコへ導き入れ・・・・そんな妄想をしてしまうほど欲求不満な身体。しかしそんな義母の大きな乳房と大きな尻に夢中になり股間をギンギンに勃起させ娘婿が迫ってくることは時間の問題だったのです。娘婿も義母のボリューミーな身体に悶々としていていつしかあの大きな尻を掻き分けて勃起した肉棒を差し込んでたっぷりザーメンを注入したいと思っていたのでした。