息子の巨根に夢中になってしまった欲求不満の五十路母の性が開花したよ

五十路


常に欲求不満だった五十路母。長年のセックスレスと閉経後の性欲の高まりで悩む日々。そんな悶々とした日々をオナニーだけで慰める毎日も限界がきていた時に、息子の部屋でエロ本を発見。こんな女の子で抜いているのかと感心してしまう。あくる日息子を起こしに行くとギンギンに朝勃ちした息子の巨根が目の前に。思わず巨根を握り締めフェラチオをしてしまうと息子も目覚め、そのままシックスナインに。久しぶりに味わう肉棒とオマンコを舐められる快感が五十路母の性を開花させてしまったのでした。

この動画もオススメ↓

ある日風邪で寒気を感じて寝込む息子を心配する五十路母。そんなに寒気を感じるならと全裸になって息子を抱きしめて温めてあげようとする母。母の豊満な乳房が息子に押し付けられ、あろうことか息子はギンギンに勃起してしまう。そんな勃起した息子の肉棒に興奮した母はそのまま口に咥えてフェラチオで射精をさせようと卑猥な音を立てながら舐め始めるのでした。一気に性欲を剥き出しにしてしまった淫乱な母は淫汁でヌルヌルになったオマンコを開いて見せつけながら息子に舐めさせる暴挙に。そのまま息子の肉棒をオマンコに挿入させ全身の肉を揺らしながら息子の硬くて若い肉棒を子宮で感じる母親でした。