母ちゃんの垂れた爆乳に顔を潰されながらも乳首をいっぱい舐める息子

五十路


垂れた爆乳はもう何年も男に触ってもらっておらずずっとこの爆弾ボディーを持て余していた五十路の母。そんなある日息子と2人っきりで旅行に出かけ、旅館に到着し一休みしていると息子が爆乳を揉んできたのでした。最初は拒んでいたものの服を脱ぎ下着も取って今まで持て余していた爆乳を息子の目の前に露わにしたのでした。興奮した息子は母の爆乳に顔を押し潰されながらいっぱい乳首を舐める。そんな気持ち良さに体は反応してしまいオマンコをグチョグチョに濡らし息子に跨がり爆乳をブランブラン揺らしながら腰を振り続ける母親でした。

この動画もオススメ↓

今までは仕事一筋で家族との時間を作ってこなかった夫が怪我をしてから家族の時間を大切するようになり、久しぶりに家族3人で旅行にやってきた文子。息子は不登校気味だったのだが家族の時間を増やしたら徐々に学校に行くようになったのです。しかし文子は一つ心配なことが。それは息子が隠れて文子の下着でオナニーをしているということ。それに気づいた文子は平静を装っていたものの、旅行にやってきたときに息子のその欲求は母の熟した体に向けて爆発してしまったのでした。