息子と禁断の交わりをしてしまう五十路母の熟した体はカチカチの肉棒が必要です

五十路


息子との禁断の交わりを進んでしてしまう欲求不満の五十路母は世の中に多いのです。旦那とは夜の営みがないので自慰行為に耽る母親も多いことでしょう。そんな母親は息子の朝勃ちの肉棒を見てしまい我慢できなくなりそのまま口で咥えてしまうという暴挙。慌てふためく息子も母親のフェラチオが異常に気持ち良すぎて欲情してしまい、垂れた母親の巨乳を貪るのでした。グチョグチョに濡れたオマンコには当然のように生挿入で中出しフィニッシュ。息子のザーメンをたっぷりと膣の中で感じられて快感に浸る五十路母でした。

この動画もオススメ↓

優しく上品な佇まいの五十路母は見た目とは違い自宅では愛する次男と禁断の交わりを行っていた。熟した母親の体に甘えてくる次男に完熟のオマンコを隅々まで舐めさせ、カチカチに勃起したチンポを美味しそうにしゃぶりまくる母親。そんな次男とのエロすぎるセックスを目撃した長男が嫉妬し母に迫る。母親の大きな乳首を舐めヌルヌルになったオマンコに手を伸ばす。長男の激しいセックスに次男では感じることがなかった本物の快感に気付いてしまったのだった。