息子のチンポをしゃぶる妄想をしながらオナニーを繰り返すダメすぎる母親の異常な性癖

五十路


確かに母親は美人だけども性癖が偏ってしまっているのでなかなかのダメ母。スケベというより欲求不満。スレンダーな体と程よい美乳がなんともエロい母親でもなかなかセックスの相手が見つからないので、息子の巨根をフェラチオをしながらオマンコを弄る妄想を繰り返しながら昼間から自慰を繰り返してしまうのです。この妄想がいつの日か現実になる時が来るのでしょうか・・・。一度息子の巨根をしゃぶりたくなればしゃぶるまではこの妄想は続いてしまうのです。

この動画もオススメ↓

ある日、寝ている息子を起こしに行くと朝勃ちをした息子の股間を目撃してしまう。単身赴任中の夫の肉棒よりも遥かに大きく、息子の肉棒に吸い寄せられるかのように硬くなった肉棒に触れて久しぶりの感触にオマンコが一気に熱くなってしまい股間を弄る麻子。そのまま朝食の時も朝勃ちのままの息子の肉棒が気になりすぎてそのままパンツを下ろし、硬く大きくなった息子の肉棒を咥え込み禁断の母子相姦の快感を味わってしまうのでした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました