息子のクンニでマン汁が糸を引くほど垂れてしまう母親のむっちりした体は性欲の塊なり。

五十路


田舎に住んでいる五十路の母は普段は家事に追われる日々。なかなか自分の時間も作れずふと気がつくと欲求不満でセックスがしたい衝動に駆られてしまうのです。息子がチンポをギンギンに勃起させて目の前に出してくると有無も言わさず咥え込み激しくフェラをしてザーメンをごっくん。そのあとは寝室で親子で全裸になりお互いの性器を唾液と体液でグチョグチョになるまで舐めまくる。息子は母のオマンコがないとダメだし、母は息子のチンポがないとダメなのです。田舎で性欲を満たすにはたとえ親子でもセックスをしてしまうのは自然の成り行きかもしれません。

この動画もオススメ↓

田舎で暮らす母と子。当然の様に息子は母を一人のオンナとして見ているのです。母親の薄い服の上から透けて見える大きな乳首にもう我慢できなくなり何度もオナニーをしてついに母のおっぱいにむしゃぶりつく息子。五十路の母の雌の匂いに欲情し大きな乳首を舌で転がし、クリトリスを吸う様に舐めまくる息子。夫に先立たれてからはオナニーで性欲を満たしてきた寂しい母の体は息子のペニスがグチョグチョにオマンコに生で挿入されることにより、5年も我慢していた性を一気に解放したのでした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました