息子の肉棒しか愛せなくなってしまった淫乱母の綺麗な熟れた肉体

五十路


いくら母と子でも男と女であることはかわりありません。セックスがしたくなってしまえば近親相姦でもなんでもいいのです。生の熱い肉棒を膣内で感じて何度もオーガズムを得たい。そんな五十路母の貪欲な性欲は何度息子の肉棒を味わってもなかなか満たされることはないのです。しかし毎日オマンコが疼いてしまうからすぐに肉棒を入れたくなってしまうスケベっぷり。長めの隠毛を大量に溢れるマン汁と息子の体液でドロドロにしながら小刻みに腰を振りながら感じまくる母の淫乱っぷりは口外できない秘密なのです。

この動画もオススメ↓

毎日が退屈すぎて何も刺激のない日々。パートに出て同僚の男性と親しくなり毎日不倫セックスを重ねることを妄想しながら自慰に耽る五十路母。そんなある日五十路母の卑猥な自慰行為を目撃してしまった息子は熟れた母の肉体に興奮し、白く柔らかい豊満な乳房を貪りオマンコに指を入れ母親の温もりを感じる息子。次第に硬くなっていく息子の肉棒を握りながらフェラをしドロドロのオマンコに導き入れる五十路母。息子の肉棒がこんなにも気持ちがいいなんて・・・それからというもの毎日のように息子の肉棒でオマンコの疼きを満たす五十路母でした。

error:Content is protected !!