朝から体調を崩して嫁の母に看病してもらっていたが丸い巨尻に興奮して使い込まれたオマンコを貪ったら中出しセックスまでさせてくれた

五十路


嫁と嫁の母と3人で同居しているのだが、ある朝朝食を食べていたら急にお腹が痛くなってしまい急遽会社を休んで嫁の母に看病してもらうことになったのです。看病をしてくれている嫁の母のパンパンに張った大きな尻を見ていたらムラムラがおさまらなくなり抱きついて巨乳を揉みながらオマンコを貪ったのでした。五十路の豊満なむっちりした体はとても柔らかく抱きつくだけでも気持ちがいい。長年使い込まれたであろうオマンコに顔を埋めベロベロ舐めまくると酸っぱい愛液がドバドバ溢れてくるのでした。欲求不満だった嫁の母の体はエロスイッチが入ってしまい生挿入で何度も何度も腰を振りオマンコの中に大量のザーメンを注ぎ込んだのでした。

この動画もオススメ↓

嫁の母の豊満な体に魅せられた娘婿は無理矢理勃起したチンポを嫁の母に咥えさせ強制フェラで何度も抜いたのでした。最初は嫌がっていた嫁の母も次第に美味しそうにチンポをしゃぶりだし、グチョグチョにオマンコを濡らしてしまうほど。五十路の女盛りの豊満な体を持て余していたので、今までため込んだ欲求不満の体が一気に爆発してしまったのです。娘婿のチンポを一心不乱でしゃぶり久しぶりに舐められるオマンコの快感は超えてはいけない一線を超えてしまう理由になったのでした。娘婿の体に溺れ毎日のようにオマンコが疼いてしまう嫁の母の性欲は嫁の比ではないのです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました