息子とのセックスだけでは欲求不満が解消されずトイレでオナニーをする五十路母の満たされない性欲

五十路


息子と激しい中出しセックスをするのは当たり前の行為。セックスがなければオマンコが疼いてしまい日常生活に支障をきたすほど。トイレにいくとすぐにオマンコに手を伸ばしてしまい肉厚のビラビラを引っ張りながら大きなクリトリスをいじり倒す五十路母。セックスをしていない時は息子の硬いチンポを思い出しながら自分のオマンコを激しく擦りネバネバのマン汁を垂らしながら大きな乳首を摘んで何度もオーガズムを感じるのでした。激しい近親相姦セックスだけでは満たされない五十路母の強い性欲はもう誰にも満たすことができないのです。

この動画もオススメ↓

毎日家事に追われ豊満な肉感たっぷりの熟れた体を持て余す五十路母は疼くオマンコを抑えるために毎日のようにするオナニーが日課になっているのです。巨大な肉厚の白い尻を突き上げて割れ目を広げながらオナニーをする五十路母の姿に欲情した息子は母の巨大な尻を強く揉みしだくのでした。最初は息子の行動に困惑するも次第に体が熱くなりオマンコを濡らしてしまう五十路母。燃え上がった体は息子の肉棒に歓喜し巨大な尻と乳房を揺らしながら美味しそうにフェラをするのでした。

error:Content is protected !!