息子のチンポをフェラした時を思い出しながら腰をクネクネさせてオナニーに浸る五十路母の夜

五十路


一度でも息子のチンポの味を知ってしまうともう息子のチンポなしでは生活できなくなってしまうのが五十路母。欲求不満だった熟れた体は息子のチンポによって性欲が開花してしまったのです。フェラを思い出しながら夜な夜な自分のオマンコに手を伸ばしクリトリスを弄りながら愛液で手がビショ濡れになってしまう。そんなオナニーヲしていると優しい息子が寝室に入ってきて隣で寝ようとしたのでした。火照る体はもう制御ができないほどで、息子のチンポを握りフェラを始めるともうオマンコは疼きっぱなしになってしまうのでした。

この動画もオススメ↓

息子の目を盗んで夫とイチャイチャする紗也子。性生活も定期的に行っているが、最近は夫のチンポは柔らかくなってしまい気持ちはいいものの満足できるセックスにはならないのです。悶々とする五十路の体は自分でオナニーをして慰めるしか手段はなくこっそりオナニーをして欲求不満を解消する日々。そんなある日いつものようにオナニーをしていると息子に目撃されてしまったのです。そんな股を開いて手を濡らすほどの愛液を垂らす母親を見て息子は、父さんの柔チンでは満足できないんでしょ?僕のチンポを入れてあげるよ。と言いビショ濡れになったオマンコにチンポを挿入したのでした。その快感は異常なほどでその日以来夫の目を盗んでは息子と中出しセックスを繰り返す五十路母なのでした。

error:Content is protected !!