昼間から夫に内緒で他人棒で中出し不倫セックスを楽しむ田舎の淫乱五十路妻

五十路


田舎に住む五十路妻は夫が仕事で出かけると本性を曝け出す。夫とは定期的にセックスをしていても気持ちよくはなくイクこともないのでいつも欲求不満な体をオナニーで満たすだけ。しかしそれだけでは欲求不満な体は悶々としたまま。そんな体を他人棒で激しく弄ばれると快感に溺れ毎日のように他人棒が欲しくなる。時には縛られ、激しくオマンコを弄ばれる。ジュルジュルに濡れたオマンコに硬く大きな他人棒が挿入されると嬉しいくらいの快感で、激しく腰を動かしオマンコの中を刺激されるのです。熱いザーメンが膣内に注がれるともう他人棒との不倫セックスを止めることができない淫乱な体へと変化していくのです。

この動画もオススメ↓

肉厚のビラビラの奥にはザーメンを一滴残らず絞り取る卑猥なマン穴。グチョグチョに汚れた飢えたオマンコは毎日チンポを欲しがる淫乱体質。歳を重ねるごとに強くなる性欲は毎日のように他人棒を欲しがりオマンコはヌルヌル状態。見栄もプライドも捨ててただただセックスの快楽に溺れたい五十路妻の強すぎる性欲はマン汁が飛び散るほど激しいピストンで何度もイカされるのです。熟れた柔らかい体をタプンタプン揺らしながら大声で喘ぎ昇天してしまう姿はまさに動物です。

error:Content is protected !!