体調を崩して寝込んでいる義母を看病するフリをして嫁にバレないように中出しセックスを繰り返す娘婿

五十路


嫁より義母の熟した柔らかいむっちりした体が大好きな娘婿。嫁とのセックスはあまり気持ちよくもなくただの行為。本当にセックスをしたいのは義母なのです。白く柔らかい肌で大きな尻とおっぱいはたまらないほどエロい。そんなぎぼが体調を崩して寝込んでいるので看病をするフリをしておっぱいを揉みながら下着を剥ぎ取り、うれたオマンコに顔を埋めて蒸れたオマンコを必死に舐める。いけないことだとわかっているがあまりの気持ち良さに興奮してしまった義母はバレないように必死に声を押し殺して喘ぐのでした。やはり若い男の肉棒は気持ちがよく久しぶりの中出しセックスがクセになってしまい毎日のように娘婿の肉棒を欲しがる淫乱な義母になってしまったのでした。

この動画もオススメ↓

禁断の背徳近親相姦。娘婿に迫られ断りきれずにセックスをしてしまった義母はあまりの快感に、娘には悪いと思っていても体が反応してしまい娘婿の肉棒を欲してしまうのでした。まだまだ女盛りの五十路の熟しきった肉体は若い娘婿から見たらエロさが凝縮されているのです。柔らかい大きな尻とおっぱいは嫁にはない気持ちよさ。閉経したオマンコには何回も中出しできちゃう。義母の糸を引くような濃い愛液が肉棒に絡みつきながら白濁するともう本気汁を吹き出してしまう。久しぶりのセックスが娘婿だなんて想像もしていなかったが、一度この肉棒を味わってしまったら二度と忘れることはできなくなってしまうのです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました