お饅頭のような柔らかい巨乳を揺らしながら息子のパンツの匂いを嗅いで激しくオナニーをする母の異常すぎる性欲

五十路


息子の脱ぎたてのパンツを脱衣所から持ってきて匂いを嗅ぎながらオナニーをしてしまう母親。白くてムッチリした体にプルプル揺れる巨乳がとてもいやらしい。ピンク色の乳首をツンツンに勃たせながらオナニーを激しくするともう止まらなくなってしまう。息子のチンポが欲しくて匂いと妄想だけでオナニーが激しくなってしまうのです。肉厚のオマンコをべっちょりと濡らしながら指をズボズボ出し入れ。クリトリスと乳首を同時に弄りながらベッドの上で何度も昇天してしまうのです。太い脚と大きな尻はもはや息子のチンポが必要ですぐにでも入れたくなっていることでしょう。

この動画もオススメ↓

久しぶりに疲れた体を息子にほぐしてもらったすみれは、あろうことか息子のマッサージで性的に気持ち良くなってしまったのでした。その余韻を残したまま寝室でオナニーをはじめてしまう。そんな母を見てしまった息子は電マを持ってきて母のオマンコに当てがいビショ濡れになる母の熟したオマンコに興奮し、クンニを始めるとすみれは何度もイってしまったのでした。息子のチンポが欲しくなり我慢できなくなると生のチンポをそのままオマンコに導き入れ、久しぶりに味わうチンポの感触をじっくり味わいながら腰を激しく振り続けたのでした。

error:Content is protected !!