寝ている時に母にフェラチオをされてから近親相姦に目覚めた息子は毎日母の黒ずんだオマンコを舐め回す

五十路


ムチムチの体でずっと欲求不満の五十路母。大きな尻を突き出して割れ目に指を入れジュボジュボ。そんな毎日を過ごしていたある日、寝る前のオナニーだけでは満足できずあろうことか寝ている息子の部屋に侵入し、パンツを下ろしフェラチオを始めてしまう母。目覚めた息子は母の舌が巻きつくようなフェラチオでギンギンになってしまい、そのまま息子に跨がり騎乗位でむっちりした体を揺らしながら腰を振り続ける母。このセックスをきっかけに母のオマンコの虜になってしまった息子は毎日のように黒ずんだ肉厚のオマンコを舐めるように味わっているのです。

この動画もオススメ↓

ある日リビングでオナニーをしているのを見てしまった母。一瞬でセックスレスだった体が熱ってしまいその反り返った息子の逞しいチンポを覗きながらオナニーに耽るのであった。しかしそのオナニーだけでは満足できず本能のまま息子のチンポに喰らい付いてしまう。息子のチンポの匂いと味に女の本能が目覚めてしまった母はムチムチの巨尻を息子に押し付けながら腰を打ち付ける。もちろん熱いザーメンが膣内に注がれると喜びながらイッてしまうのです。

error:Content is protected !!