母子の秘密の温泉旅行はSEXがしたくて我慢できない淫乱な五十路母の性欲を満たすために必要なのです

五十路


母親は五十路になっても性欲が高まり続けてオマンコは我慢の限界。豊満な肉体は欲求不満で息子のチンポが欲しくてウズウズしてしまうのです。垂れた巨乳と巨尻は揉むととても柔らかく手が埋まってしまうほど。そんな五十路母の肉体を目の前にして露天風呂に入っていたら勃起してしまうのも頷けます。優しくおっぱいを揉んでいると母親の吐息が激しくなり、ネバネバの愛液が溢れたオマンコをクンニ。あまりの気持ち良さに悶える母親を見ながら舐め続ける息子は近親相姦という超えてはいけない一線を母子で超えることに抵抗はありません。母親は久しぶりに味わうイカ臭いチンポを堪能しながら根元まですっぽりと咥え込みジュルジュル音を立てながらフェラチオを繰り返すのでした。

この動画もオススメ↓

朝食の準備が終わりまだ寝ている息子を起こしに行く五十路母の成子。いつものように部屋を開けると息子が勃起したチンポを握り締めオナニーをしていたのだった。息子のオナニー姿を見てしまい気まずくなってしまった成子は息子に気を使いながら声をかけるものの息子は怒っていて話を聞いてもらえない。そんな関係が数日続いた後、出かける息子に何でもするから仲直りしたいのよ。と話しかけると、母さんの恥ずかしいところを見せてよ。と言われ豊満な体を息子の目の前にさらけ出してオナニーを始めるのだった。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました