普段はとても優しい義母は欲求不満で垂れたおっぱいがエロすぎる淫乱な五十路の女だった

五十路


普段はとても優しく家のことはなんでもしてくれる優しい義母。五十路になっても艶やかでプリッとした丸い尻はいつも気になっていた息子。ある日リビングでマッサージをしながらおっぱいを揉んでみると嫌がるどころか嬉しそうだった義母。そのまま部屋に一緒に行き舌を絡めながらキスをすると欲求不満だった義母の体はエロスイッチが入ってしまったのでした。小ぶりながら垂れたおっぱいがなんとも言えないほどエロく、丸い尻も揉むだけで最高に気持ちがいい。そんな義母の激しく濡れてしまったオマンコにカチカチにチンポを入れると大声を上げながら歓喜のお汁をいっぱいオマンコから垂らして悦び、垂れたおっぱいをブランブランと揺らしながら腰を振り久しぶりの元気なチンポに狂わされたのでした。

この動画もオススメ↓

もう五十路なのにむっちりして尻やおっぱいが妙にエロい義母。そんな妖艶な義母とセックスをする関係になるまで時間はかからなかったのです。お互いに欲求不満だったこともあり激しく背徳感を感じながらハメまくる刺激は他に勝るものはないのです。豊満な肉体を揺らし、オマンコからは止め処なく垂れるマン汁。嫁の目を盗んでは自宅で義母とハメまくる日々はまさに天国。義母に肉厚の使い込まれたであろうオマンコをパックリ広げて見せられながら勃起したチンポを生挿入して中出しするなんて嫁とのセックスでは味わえないものなのです。

error:Content is protected !!