同居する嫁の母の熟れた肉体に我慢できず風呂に侵入しチンポを出したらフェラチオをして抜いてくれた

五十路


同居する五十路の嫁の母は豊満なカラダでいつも無防備な服装。そんな姿を毎日見ているとムラムラしてしまうのは仕方がありません。嫁のカラダよりも嫁の母のカラダが欲しくなってしまい我慢できなくなった時、嫁の母が風呂に入っているのを見計らって侵入。驚く嫁の母も目の前に勃起したペニスを出すと徐々に状況を飲み込めてきた様子。最初は抵抗しながらも一度咥えこむとバキュームフェラを繰り返すほどのチンポ好き。久しぶりの生チンポの味を楽しむかのように唾液をいっぱい含んでフェラチオをする。娘に悪いわ・・・と言いながらもザーメンを口いっぱいに含んでとてもご満悦の嫁の母でした。

この動画もオススメ↓

娘婿の若い肉体に溺れた五十路義母は娘の目を盗んではチンポを味わう日々。一度婿のチンポを味わってしまってからは、その硬く大きな感触がオマンコに残り数日間はムラムラしっぱなしでオナニーを繰り返す。豊満なカラダを婿に擦り付けるかのように騎乗位で腰を振ると潮を吹きながら何度も何度もイキまくる。こんなにも快感を得ることができるセックスは初めてでもう婿の若い肉体じゃないと快感を得ることができなくなったのです。禁断の背徳交尾だと分かっていてもカラダが勝手に反応してしまい婿を見るだけでオマンコが濡れてしまうのです。

error:Content is protected !!