母親がローターを使ってオナニーをしているところを見てしまった息子はあまりの卑猥さに興奮し、オマンコを舐めて生チンポを挿入したのでした

五十路


まさか普段は優しくて家事を一生懸命してくれる母親が欲求不満でキッチンでオナニーをしているなんて。オマンコをクチュクチュ指で混ぜながらピンクローターをクリトリスに当ててアンアン喘ぎ声を上げて喘ぐ姿を目撃してしまったのでした。卑猥な母親のオマンコが脳裏から離れず、明くる日思い切って母親に告白し肉体関係を持つことなったのです。五十路のむっちりした熟れたカラダは息子の激しく獣のようなクンニで何度もイキまくりそのまま勃起した肉棒はヌルヌルのオマンコに吸い込まれてしまったのでした。

この動画もオススメ↓

父親が他界し久しぶりに一人で暮らす母親のもとに帰ってきた。母親はとても元気そうで笑顔で優しく迎えてくれたのでした。家族での楽しい時間を過ごしてい他のだったが、風呂場で母親の裸体を目撃してしまい一変したでした。最近は妻ともセックスレスだったためか、母の熟した五十路の肉体に興奮してしまったのでした。我慢できなくなり、母親の寝室に行き布団をめくり寝ている母親のおっぱいやオマンコに悪戯を始めてみると、母親のオマンコの割れ目からイヤらしい匂いと共にネバネバした透明な液が垂れてきたのでした。そんな母親のオマンコを見て弄りながら肉棒をシゴキ白濁のザーメンを母親にぶっかけたのでした。

error:Content is protected !!