ついに母親の真っ黒オマンコを見ることができて興奮が止まらない息子はそのまま生挿入で中出し

五十路


毎日五十路母の熟れたカラダを見てはムラムラしていた息子。そんな息子の視線には気づかずいつものように家事をしていると突然息子に抱きしめられ舌をねじ込まれる。戸惑う母も久しぶりのキスのためか徐々にカラダの力も抜けてしまい息子に任せてしまう。パンティーを脱ぎ真っ黒なオマンコを広げてまじまじと見る息子に興奮してしまいオマンコは糸を引くように濡れてしまう。息子とセックスをするなんていけない事だと分かっていてもやはり欲求不満だったカラダは嘘をつけず息子の力強いカチカチのチンポを生で受け入れてしまったのでした。

この動画もオススメ↓

事故で体が不自由になてしまった息子を毎日介護する母。そんな折、母の勤務する会社の上司が見舞いにやって来たのでした。夫には先立たれ、息子は体が不自由になってしまい塞ぎ込みがちだったが、上司の優しさに触れて体を預けてセックスをしてしまうのだった。そんな母の卑猥な行為を見てしまった息子は動かない体でも股間は熱く反応してしまう。そんな興奮を抑え込むことができなくなった息子は翌日母親を部屋に呼び、勃起した肉棒をなんとかして欲しいと母親にお願いし股間を優しく擦り手コキやフェラチオで大量のザーメンを口いっぱいに出させたのでした。しかしそれだけでは終わらず動くようになった腕を使い母親の柔らかい巨乳を揉み始めると徐々に感じ始めてしまう母親でした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました