息子のキスと手マンでオマンコをビショ濡れにしてしまった五十路母は眠っていた性欲が目覚めてしまう

五十路


五十路の母親はセックスの機会もなく閉経してからは性欲を忘れるかのような生活をしていたのでした。しかし年頃の息子は母親のムッチリした巨乳と大きな尻に欲情してしまいキッチンで家事をしている母親に抱きつき服をまくりあげブラジャーをずらすと豊満な乳房と大きな乳首に吸い付いたのでした。あまりにも急すぎて拒む隙もなかった母親は乳首を吸われてすぐに快感に襲われてしまう。オマンコを濡らしてしまい、隠毛が生えたオマンコに息子の指が入るともう快感すぎて我を忘れてしまう。今まで忘れていた快感と眠っていた性欲が一気に目覚めてしまいその日以来、息子との中出しセックスが生き甲斐になってしまった五十路母でした。

この動画もオススメ↓

失恋して元気のない息子を心配する五十路母のゆら。そんな心配事を夫に相談すると、男が一番喜ぶのはセーラー服だよ。と冗談半分で言われたのだがゆらは本気で受け取ってしまい、セーラー服を着て息子の部屋へ。元気になって欲しくて・・・という母親に戸惑う息子だったが、母親が気になって仕方がなくなってしまうのでした。そんな気持ちは次第に大きくなりついに、母親に抱きつき熟れて毎日のように夫に弄ばれているオマンコに顔を埋め激しく舐め始めたのでした。夫とは違いパワフルな息子とのセックスにどんどんハマってしまうゆらは、夫の目を盗んでは息子とのセックスを繰り返す日々がはじまったのでした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました