息子の悩みは五十路の母親とセックスがしたくて我慢できないことだった!そんな悩む息子の股間に手を伸ばした母親と息子の結末

五十路


息子は彼女もいなくて毎日のように自室でオナニーをする日々。ある日母親が浴室に着替えを持っていくと想像以上に成長した息子の巨根がブランブランしていたのでした。あってはいけないことだとわかっていても、久しぶりに見る男性の肉棒に五十路になっても眠っていた性欲が呼び起こされてしまった。何か悩んでいる様子の息子に声をかけても何も答えてくれない・・・。息子の部屋を覗くと勃起した巨根を握り締めシゴいている姿を目撃してしまう。一気にオマンコが熱くなってしまった母親はベッドに座り服を脱ぎ大きな乳首の乳房をさらけ出し息子に触らせると一気に親子の一線を超えてしまい黒々としたオマンコにはべっちょりと愛液が垂れ始めたのでした。

この動画もオススメ↓

五十路の母親は硬くなった体をほぐすためにリビングで日課のストレッチをしていたのでした。帰宅した息子は目の前に突き出された母親の巨尻に興奮を感じてしまい我慢できなくなりマッサージと称して柔らかい母の巨尻を揉みまくったのでした。激しく揉まれ困惑する母親だったが、久しぶりに快感を感じてしまいそのまま息子に完熟したドロドロのオマンコを委ねたのでした。オマンコを激しく弄られ変態的な性癖が蘇ってしまい息子の硬く勃起した肉棒を一心不乱にしゃぶりまくる五十路母でした。

error:Content is protected !!