いけない事だと頭ではわかっていても大きな黒乳首と肉厚のオマンコがビンビンに反応して息子の肉棒が欲しくて我慢できなくなってしまう五十路母

五十路
五十路


頭の中では息子とセックス、しかも生で中出しなんていけない事だとわかっているのに五十路の熟れた肉体は息子の肉棒の気持ち良さを知ってしまったのです。一度味わったら抜け出せなくなるこの快感は何をしていても欲しくなってしまう魔力があるのです。母親の大きな硬い乳首に興奮し、柔らかい乳房を揉みしだきながらマン毛がびっしりと生えた黒い茂みに指を入れるとヌルッと入ってしまうほど敏感なオマンコ。肉厚のビラビラが愛液でびしょ濡れになり、クリトリスやビラを吸いながらクンニをすると大悦びする母親の理性は性欲には勝てないのです。

この動画もオススメ↓

気品のある綺麗な五十路の母親は暑い日に、シャワーを浴びる息子の姿を目撃し大きく逞しく育った股間に釘つけになってしまう。日頃はセックスレスもあり全く満たされていない五十路母の体は息子の股間を見た瞬間にオマンコが熱くなるような衝動に駆られ我慢できずに息子の肉棒を咥え込んだのでした。禁断の行為にオマンコはグチョグチョに濡れてしまい、熟れた黒いオマンコを息子に開いて見せ舐めさせるのでした。普段とは全く違い淫乱すぎる母親の姿と、程よく贅肉の付いた艶っぽい肉体に勃起してしまった息子はそのまま母のオマンコに挿入し大量のザーメンを膣内に射精したのでした。

error:Content is protected !!