補正下着が贅肉に食い込み巨乳がムニュっと盛り上がる五十路母の淫らすぎる肉体に興奮してびしょ濡れマンコに問答無用で中出し

五十路
五十路


五十路の母はムチムチのパンパンに張った熟れた肉体が服を着ていてもエロスが溢れて息子でも興奮して悶々としてしまうほど。そんな我慢できなくなった息子は母の服を脱がし熟れた肉体を目の前にすると想像以上のエロさにカチカチに勃起してしまう。補正下着がお腹の贅肉に食い込み、巨乳はむにゅッと溢れるようにピンク色の乳輪とともにプルプル揺れる。そんな母の大きな尻を愛撫しながら程よく生えたマン毛をかき分けて割れ目に沿って指を這わせると糸を引くほどネバネバの愛液がトロリと垂れる。卑猥な香りがオマンコから立ち、肉棒をヌルッと挿入すると母が悦び、あまりの気持ちよさに大量のザーメンを膣内に注入したのでした。

この動画もオススメ↓

いつものように朝食の準備が終わりまだ寝ている息子を起こしに行く母の成子。息子の部屋のドアを開けるとベッドの上でカチカチになった肉棒を握りしめオナニーをしている息子を見てしまう。気まずくなってしまった成子は顔色を窺いながら声をかけるものの息子から返ってくる返事は冷たいものばかり。ある日息子が黙って出かけようとしたところ、息子を引き止めて「どうしたら許してくれるの?母さんはなんでもするから」というと息子から返ってきた応えはなんと「母さんの恥ずかしいことを見せてよ」という予想外の返事が。仕方なくパンティーを脱ぎオマンコに指を入れてオナニーを見せる成子。しかしそんな母のオナニーに興奮した息子は母親に覆い被さり豊満な肉体を隅々まで愛撫し始めるのでした。

error:Content is protected !!