押さえ込んでいた欲望のタガが外れてしまった五十路妻はJカップの巨乳を揺らしながら生チンポで性欲解放 芦川夕子

五十路
五十路

「初撮り五十路妻ドキュメント 芦川夕子」
結婚24年目になる二児の母芦川夕子さん50歳。たわわなJカップの巨乳が自慢の夕子さんはコロナ禍を機に夫婦のセックスを自粛してしまったとのこと。すぐに終わるだろうと思っていたコロナ禍は気がつけば2年以上も過ぎてしまった。コロナ前は週一で営みをしていたにもかかわらず今ではゼロ。当然、豊満なカラダは渇き切ってしまい性欲が爆発寸前になてしまったのでした。そんな夕子さんはずっとセックスのことを考えないように生活していたのに、応募したAVの撮影に出演が決まってからはセックスのことばかり考えてしまいオマンコが疼きっぱなしになってしまったのです。2年以上押さえ込んできた性欲を一気に解放して熟れた豊満なカラダで久しぶりの他人棒をトコトン味わったのでした。

この動画もオススメ↓

とても仲が良い旦那様とは今でも月に2回はセックスをしているという片山敦子さん50歳は銀婚式を迎えたばかり。そんな幸せそうな敦子さんは旦那様のたっての希望でAVの出演が決まったのでした。なんと旦那様は妻が他人棒に突かれまくっている姿を一度見たかったという理由らしい。ドMな敦子さんは恥ずかしがりながらも他人棒を味わえるということでソワソワと期待と緊張が入り混じった感じ。しかしいざ男優と絡みが始まると先程の緊張が嘘のように大胆に股を開き濡れたオマンコを見せつけるかのように腰を浮かしながらヨガり狂うのでした。

error:Content is protected !!