自宅に来た営業マンとのセックスが刺激的だったので性欲が目覚め息子の部屋の前でオナニーをしてセックスに誘い出そうとする六十路母


性欲は何歳になっても突然開花してしまうこともあるのです。ある日自宅に来た営業マンと話していると勃起した肉棒を見てしまいそのまま口に咥えこんでしまう。久しぶりに味わう肉棒の匂いと味に興奮してしまい淫乱な本性が露わに。その後ずっと悶々としている母は息子の肉棒が欲しくて我慢できず毎日のように息子の部屋の前でオナニーをして誘い出そうとする鬼畜ぶり。ついに母のエロいオナニーの声に我慢できなくなり部屋を飛び出し六十路母の熟したオマンコに飛びついたのでした。

この動画もオススメ↓

歳を重ねてもいつも硬く勃起した肉棒が欲しくてたまらないふくよかな母。肉棒を目の前にしたら喉奥まで咥え込みジュボジュボ音を立てながらしゃぶり続けるのでした。剛毛で黒々としたオマンコに息子のザーメンが大量に絡みつく卑猥っぷりは熟年の母と息子の生々しいセックスの証しなのです。六十路になっても息子の肉棒ばかり考えてしまいオマンコの中にはいつでもザーメンを溜め込んでおきたいのです。