夫を亡くし寂しさを紛らわすように義理の息子と毎日セックスをする関係になってしまった六十路熟女

還暦


長年連れ添った夫が亡くなり寂しい毎日を過ごす六十路熟女。仏壇の前で寂しさに暮れていると義理の息子が心配そうに話しかけてくる。しかし義理の息子は義母の体欲しさに近寄ってきたのでした。最初は拒んで強く拒絶する義母も湧き出る性欲を抑えることができない状態になってしまったのです。強く尻を揉まれ下着をはぎ取られるとすでにオマンコは湿ってしまっているほど敏感な肉体。亡き夫とは違う力強い肉棒に今まで感じたことのない快感を得ることができ、セックスしている時だけ夫を忘れることができるのでした。

この動画もオススメ↓

いくつになっても女でありたい。そんな気持ちは六十路になっても変わることがないのです。毎日のようにセックスがしたい衝動は何をしていても抑えることができません。死ぬまでセックスをしていたい六十路熟女は気がつくとすぐに男の股間に手が伸びてしまうのです。昭和のたくましい女はどんな男の肉棒にでも悦びを感じることができる淫乱っぷり。セックスさえできれば他に何も望まないほど大好きなのです。弛んだお腹や大きな尻、垂れた巨乳は味わえば味わうほどエロく気持ちがいい体なのです。