息子の巨根を独り占めしておきたい六十路熟女の独占欲は異常すぎた

還暦


息子の巨根を誰よりも愛しているのが六十路の母親。旦那とは死別しており、今ではセックスをする相手は息子しかいないのです。程よく大きな乳房は萎みつつありますが、揉むととても柔らかく乳首の感度も高めの六十路母。息子がお見合い相手とうまくいくことは寂しいことであり、お見合い相手が帰ったらすぐに息子の巨根をしゃぶるほどの独占欲と性欲が強すぎる母。六十路になり歳を重ねるほどどんどん性欲が強くなってしまっている母と息子の中出しセックスはいつまで続くのでしょうか。

この動画もオススメ↓

畳の匂いに混じり卑猥な香りが混じりあい部屋中に響く激しい喘ぎ声・・・衰え知らずの還暦の母が息子の巨根に子宮をガンガン突きまくられ絶叫を繰り返し、大量に汗と愛液を吹き出しながらイキまくる姿は異常なほどに興奮します。糸を引くほどネバネバの愛液が巨根にまとわりつき、膣内に注がれる大量のザーメン。顔をしわくちゃにしながら巨根から出された熱いザーメンを味わう六十路熟女の衰えない性欲。