色白の六十路母のパイパンオマンコからネバネバの淫汁が垂れちゃうから息子がいっぱい舐めてあげるのでした

還暦


色白の六十路母の綺麗な肌と弛んだ完熟ボディーがエロすぎて勃起がおさまりません。母親の柔らかいおっぱいを揉みながらパンティーを脱がすとそこにはツルツルに剃られたオマンコが露わに。真っ白な肌と黒目のビラビラオマンコからはねっとりしたネバネバの淫汁が垂れていたのでした。六十路になっても濡れるそのオマンコは速く息子の肉棒が欲しいのです。しかも生挿入で中出ししてもらわないと母の性欲は全く満たされないのです。

この動画もオススメ↓

禁断の愛欲にのめり込む六十路の母と息子。二人は一度超えてはいけない一線を超えてしまってからは毎日のようにお互いの性器を貪りあい、勃起した肉棒をジュクジュクに濡れたオマンコに生挿入して中出しを繰り返す日々。六十路の母親の垂れたその巨乳がとてもエロく、そのおっぱいを揉みながら激しいピストンをしたくなるのです。息子が腰を振るたびに揺れるおっぱいやお腹の贅肉が卑猥すぎる六十路母でした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました