亡くなった夫を思い出しながら愛する息子の肉棒に狂う六十路母の衰えない異常な性欲

還暦


夫に先立たれ毎日寂しさに暮れる六十路母。夫との思い出ばかりが蘇り熱いセックスをしていた頃を思い出すとオマンコが熱くなってしまう。そんな寂しさから逃れるにはセックスしかない。そんな気持ちの六十路母はなんと愛する息子の肉棒をしゃぶり、亡き夫の肉棒を思い出しながら味わう。根元まで咥え込み唾液を垂らしながらジュボジュボと美味しそうにしゃぶり尽くす。硬くなった肉棒はもちろんヌルヌルに濡れたオマンコに生挿入されバックから激しいピストンをされると絶叫しながら何度もイってしまうのでした。

この動画もオススメ↓

六十路の百貨店勤務の淑女は夫を亡くしてからさらに性欲が強くなりセックスなしでは生きていけないほど。豊満な乳房を揺らしながら若い男の肉棒を貪り果てない性欲を満たそうとするのです。美人な淑女が何度も何度も肉棒を欲しがり甲高い声で喘ぐと興奮が一段と増し激しいピストンになるのです。乳房を揺らしながらオマンコの奥で肉棒を感じてあまりの気持ち良さですぐにイってしまう。中に熱い精液を入れて欲しい淑女は中にちょうだい!と言いながら果ててしまうのでした。色白の柔らかい六十路熟女の肉体を抱くと何度もしたくなってしまう魔性の肉体ですね。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました