娘婿に裸を見られてから性的な欲求が高まりすぎてオナニーがやめられなくなった六十路の姑

還暦


いつものように風呂に入っていると同居している娘婿がドアを開けて入ってきてしまった。とっさに体を隠す姑と見てはいけないものを見てしまったかのように驚く娘婿。ドアを閉めて部屋に戻って行った娘婿にほっと胸を撫で下ろした姑だったが、裸を見られたことにより変な妄想が始まってしまったのです。娘婿に六十路の豊満な弛んだ体を隅々まで貪られ硬いペニスをグチョグチョに濡れたオマンコに突き刺される・・・そんな許されない情事を妄想しながら熟れた体を揺らしながらオマンコをいじり倒す姑。六十路になってもおさまらない性的な欲求はいつの日か娘婿に満たされる日が来てしまうのでした。

この動画もオススメ↓

お義母さんが同窓会に出席することになり上京して来たのでした。自宅は広くないし、しかも嫁は社員旅行で自宅にいないので断ろうとしたが、お義母さんに強引に押し切られ渋々泊まることを了承したのでした。そんなお義母さんは六十路になってもスタイルもよく美人でとても清潔感がある。じっくり見ているとなかなかのエロさも持っていて妄想すると勃起してしまうほど。そんなお義母さんと今夜はこの狭い家で二人っきり。大の大人が一つ屋根の下で夜を過ごすということは色んなことが起きても無理はないのです。いけないとわかっていてもお互いに激しく求め合ってしまいお義母さんの熟れたおっぱいや尻に顔を埋め今までで最高に興奮した夜を過ごしたのでした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました