若い男に体を触られて照れながらも激しくオマンコを濡らしてしまう敏感すぎる六十路妻

還暦


六十路になればなかなか若い男性とのセックスの機会がほとんどありません。こんな時しか若い男と絡めないということで全力でセックスをしてしまう六十路妻。ムッチリした体と小ぶりなおっぱいは全身が性感帯のようなもの。オマンコをジュルジュル舐められると気持ち良過ぎて声を荒げてしまうのです。何十年ブリカの若い男のイカ臭いチンポはとても美味しくて根元までしっかり咥えこんで味わい尽くす。正常位で乳首を吸われながら激しいピストンをされると気が遠くなりそうなほどの快感で我を忘れて淫乱な熟女に変身してしまうのです。

この動画もオススメ↓

若いうちに綺麗な自分のヌードを撮ってもらいたいという願望が60歳になってから芽生えてしまったのは専業主婦の宮原澄子さん60歳。ご主人と共に還暦を迎え結婚生活は36年目。まだ女のうちに映像に残しておきたいと思いこの撮影に挑んだ澄子さん。スケベな雰囲気ではなくとても上品でセックスとは無縁のような見た目とは違い、自分のセックスを見てみたいという願望もあるほど性に貪欲。ムッチリした肉体と小ぶりなおっぱい、大きな乳首を摘まれたら体をビクンビクンさせて感じてしまう。セックスが大好きな六十路妻の本気がここで観ることができるのです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました