息子との中出しSEXが止められない性欲に火がついてしまった六十路熟女がハマった禁断の近親相姦

還暦


いい歳した息子は何歳になっても六十路の母親に甘えてくるのです。外では女性に触れ合うことがなくオナニーばかりをしている息子を不憫に思ったのか寝室で下着姿で息子を誘惑し始める母。もう何年もセックスをしていない渇き切った六十路の体は誰でもいいからセックスがしたい願望を抑えることができないのです。白いブラジャーとパンティー姿で息子に体を密着させると徐々に親子の絡みがエスカレート。息子の手を握りパンティーの中に入れるとグチョグチョに濡れたオマンコに息子は動揺するが、割れ目に沿って指を動かすと母の体がヒクヒク反応し始めてしまったのです。
全裸になって息子の指をオマンコの中に入れて出し入れさせると快感に襲われる母。我慢できなくなり、息子の上に跨がり大きな柔らかい尻を押し付けながら生チンポを入れるとすぐに絶頂を迎えてしまう。一回くらいではまだまだイキ足りないのでそのまま激しく腰を振り続けイキまくった後に大量のザーメンを膣内に発射させて快感に酔いしれる母親は、禁断の近親相姦というタブーな関係に興奮し快感を忘れることができずハマってしまったのでした。

この動画もオススメ↓

六十路になっても密かに性欲が強くなってしまいオナニーを繰り返す日々の母親。女としてまだまだ終わっているわけではなく、激しくチンポが欲しくなってしまうのです。しかしセックスをする相手はなかなか見つけることができす、家族を性欲の捌け口にしてしまう。禁断の愛欲にのめり込み、息子のチンポばかりを求めてしまう。六十路の母の超熟の弛んだ肉体の抱き心地の良さと肉感たっぷりのビラビラオマンコに快感を求める息子。毎日のように家族の目を盗んでは息子のザーメンをオマンコの中に注入し何度も何度もイキまくる。息子のチンポがない日はオナニーをしてなんとか静浴を満たすのです。禁断の近親相姦にハマり抜け出せなくなってしまった六十路母と息子の卑猥な営みは今日も繰り返されるのでした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました