孫に愛撫されるとすぐに股を開いてオマンコを濡らしてしまうスケベな六十路祖母

還暦


性欲というものは六十路になっても衰えることがありません。どちらかと言えば五十路の時よりも性欲は強くなっているであろう六十路の祖母。垂れてしまったが柔らかそうな巨乳と綺麗な薄毛のオマンコは六十路とはいえなかなかのエロさを持ち合わせています。そんな祖母に欲情してしまった孫は巨乳を揉みながらすでに濡れてしまった元気なオマンコに指を滑らす。簡単に股を開いてしまい孫にオマンコを舐められて喘ぎまくるスケベな祖母は何歳になってもSEXが大好きなのです。普段は優しい祖母でもSEXになればたとえ相手が孫でも淫乱な女の本性を出してしまうのです。

この動画もオススメ↓

六十路になてもなお艶っぽく女性としてのエロさが漂う祖母と孫が織りなす秘密の中出しSEX。背徳の近親相姦は毎日のように繰り広げられ、可愛い孫にオマンコを舐められることに異常な興奮をおぼえてしまう。孫のカチカチに勃起したチンポを目の前にしたらもうオマンコは濡れてしまいそのまま口に咥え込んで玉袋までしっかり舐める優しさはさすが祖母ですね。孫の元気すぎるチンポがあまりにも気持ち良すぎて忘れかけていた快感を思い起こさせ、一度チンポを挿入したら果てるまで腰を振り続けるのでした。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました