62歳になってようやく女の悦びを知った熟れすぎた豊満ボディーで男を漁るスケベ妻 川北絵莉花

還暦
還暦

還暦で初撮り 川北絵莉花
ふっくら柔和な笑顔が癒しを与えてくれそうな川北絵莉花さん62歳。幸せそうな家庭ではありますが、なんとご主人は釣り好きが高じて静岡に移住してしまったとか。還暦を過ぎてまさかの一人暮らしになりさぞかし寂しい毎日を送っていると思いきや、チャンスとばかりに今まで我慢していた性欲を解放するかのごとく男漁りをして楽しい毎日を過ごされているようです。ご主人と別居して2年の間に10人の男性と関係を持ったという閉経したにもかかわらずとてもアグレッシブなオマンコ笑。ムチムチな豊満な体に詰まった性欲は一人の肉棒くらいでは満足できないのでしょう。パイズリ、フェラ、クンニ、バイブ・・・・なんでもスケベなことが大好きで一生現役宣言の絵莉花さんでした。

この動画もオススメ↓

還暦を迎えてもなおお盛んな熟女たちの性生活は止まることを知らないのです。歳を重ねれば重ねるほど溢れる情欲はそれが息子だろうと、娘婿だろうと関係ないのです。目の前に美味しそうな硬く大きな肉棒があればそれを握りしめ、口に咥え糸を引くようなネバネバの愛液が垂れたオマンコに奥深くまで突き刺さるのです。若い頃から我慢してきた制欲を閉経してから何年も経つ六十路の体は解放され肉欲のために肉棒を貪り続けるのです。大きな乳首、垂れたおっぱい、大きな尻、段腹・・・・若さを感じない熟したこんな肉体こそ大量のザーメンで汚したくなるものです。

error:Content is protected !!