熱い接吻と愛撫で眠っていた女の体をゆっくりと呼び覚ますと10年ぶりの男根で絶頂中出し 真矢涼子

還暦
還暦

「初撮り六十路妻ドキュメント 真矢涼子」
奈良県在住の真矢涼子さん60歳は専業主婦。結婚して36年がすぎ、息子さん2人はそれぞれ結婚と就職で巣立っていき、お孫さんにも恵まれ順風満帆に見える人生。しかし遠くに住んでいる孫の顔が見たくて必死で覚えたインターネットで世界が変わってしまったという涼子さん。クリックで簡単にショッピングできてしまう買い物はもちろん、SNSや動画までネット中毒になってしまうほどインターネットにハマってしまう。そんな時に初めて見たアダルト動画に衝撃を受けてしまう。過激なプレイや言葉など全てに衝撃を受けてしまったという涼子さん。それから体がムラムラするようになってしまい毎日のオナニーが欠かせない欲求不満な体になってしまった。そんな涼子さんが10年ぶりに生の男根を味わいあまりの気持ちよさで絶叫と絶頂を繰り返し、贅肉たっぷりの豊満な体を震わせながら熱いザーメンをオマンコで感じまくるのでした。

この動画もオススメ↓

五十路・六十路・七十路の超熟のおばあちゃんたちが風呂場で孫と禁断の生中出し性交を繰り返す近親相姦。男らしく逞しく育った孫の背中に亡き夫を思い出しながら、ガチガチに勃起したチンポに欲情するおばあちゃん。狭い自宅の風呂場で激しく生ハメ。若いカチカチのチンポで女として生まれ変わり、閉経したオマンコにたっぷりと中出しされるおばあちゃんは孫の前では淫乱な女に変身してしまうのでした。

error:Content is protected !!