嫁の目を盗んでは同居する嫁の母と濃厚に絡み合いお互いの性器を愛撫しあい中出しを繰り返す同居相姦

還暦
還暦

「五十路六十路 年老いた女房の母 二世帯住宅から始まる中出し同居相姦 30人8時間」
嫁のお母さんとの同居生活をする中で知ってしまった熟女の卑猥な蜜の味。嫁にはない肉付きの良い体の抱き心地、丁寧に根元まで咥え込み舌を巻きつけるかのようなフェラチオ、濃厚な汁が溢れる肉厚のビラビラマンコ。どれをとっても嫁の数倍も気持ちよく魅力的なのだ。まじかで感じる風呂上がりの火照った体の嫁の母を見るだけでムラムラしてしまう。そんな娘婿の股間を愛してしまった嫁の母は娘に悪いと思いながらも疼くオマンコを抑えきれなくなり毎日のようにあのカチカチの力強い肉棒が欲しくなってしまうのだ。閉経した今だからこそ疼いてしまうオマンコはもう抑えが効かなくなっているのです。

この動画もオススメ↓

嫁がしばらく出張で家にいないので、嫁の母が家事を手伝いに実家のある大垣から1人で上京してきてくれたのだった。娘婿の視線を感じながら一つ屋根の下で2人っきりの日常生活に我慢できずに、若々しい肉棒に股を開いてしまったのだった。贅肉の乗った腰回りを抱きしめるとムニュと埋まるような柔らかい肌と、張りの無くなった巨乳に興奮を抑えきれない娘婿。嫁が帰ってくるまでの数日間だと心に決め、夜な夜なお互いの性器を求めあい何度も何度も中出しをして熱いセックスを繰り返すのでした。

error:Content is protected !!